「保育園」を知ってください

2.保育園はこんなことをしています
(1) 保育園の一日




(注) この一日の流れは例示です。それぞれの園で多少の違いはありますのでご留意ください。
時間 保育園での活動内容
7:00〜11:30 登園 「おはようございます」
健康観察
朝の準備
午前の保育活動
おやつ
お片付け
11:30〜12:30 食事
食事のお片付け
12:30〜14:00 お昼寝前の絵本の読み聞かせ
お昼寝
14:00〜17:00 午後の保育活動
おやつ
17:00〜18:00 保護者のお迎え
降園 「またあした」
18:00〜 延長保育


保育園は、親・家庭と連携して、また地域のさまざまな機関や人々と連携して子どもの“養護”と“教育”を行い、子どもの育ちを支えています。全保協では、保育園がどのようなところかより知っていただくために、イラストと分かりやすい言葉で保育園を紹介する広報を行なっています。ぜひご覧ください。(全保協会報誌「ぜんほきょう」126〜132掲載内容より)
[ PDF ] @ 認可育所では“保育の質と安全性”が守られた“安心の保育”を行っています。
[ PDF ] A 子どもの育ちにとって“食事”は大切なものです。
[ PDF ] B 認可保育所は、さまざまな働き方に応じ、柔軟な就労支援を行っています。
[ PDF ] C 認可保育所では子どもに養護と教育が一体となった保育を行っています。
[ PDF ] D 今、認可保育所の必要性が高まってきています。
[ PDF ] E 認可保育所はさまざまな関係機関と連携し地域の子育てと保育を支えています。
PDFファイルを表示させるには、Acrobat Readerが必要です。
ボタンをクリックするとダウンロードできます。


(2) 地域子育て支援にも取組んでいます
 保育園は保育園を利用している方だけでなく、利用していない地域の子育て家庭の支援もすすめています。保育園の中には「地域子育て支援センター」を設けたり、また専門の職員を置いたりなどして、普段利用していない方を対象にした活動も行なっています。
(例えば…) 保育士等が子育ての相談をお受けします。
園庭で親子で遊ぶことができます。
園で育児講座や子育てサロンを開催しています。
園の保育士や調理員、看護師などの専門性を活かし、子育てや食事、保健衛生等の情報発信を行なっています。
など
全保協では、地域の親子や一般の方にもっと保育園を知っていただき、気軽に保育園に訪ねてきてもらえるように広報用の「ポスター」を作成し、全国の会員保育園に配布して地域への呼び掛けを進めていただいています。


「認可保育所を理解いただくキャンペーン」
(平成15年度)広報ポスター